PS5を起動する爆音

SONYが開発したPS5は、ある不具合が見落とされたまま発売に至った。

電源起動直後コントローラーであるコマンドを入力すると、プログラムがバグを起こし熱暴走、大爆発するというものだ。

そしてその爆発の規模が尋常ではなく、戦車に投げつければその威力で車両自体を無効化する事が出来る戦術的価値のあるものだった。

そして他の対戦車に有効とされているロケットランチャー等の兵器はPS5に比べ購入費が高く付き、戦車が主導権を握る戦場において兵士達はゲーム機が荒野を飛び交う異様な光景を目撃した。

 

売れ筋の国、中国に多く出荷されていたPS5。

事実を認識した中国共産党はバグの原因の究明に入った。

そして構造を理解した技術者達は、更なる高威力爆発を求めて兵器型PS5、PS5 type-B(ボンバー)を開発、その経緯でバグを起こせる回路を小型化した影響で、大型のボウガンがあれば長距離に一瞬で爆発するスナイパーライフルのような運用の強力な爆撃が可能だという。

そして政府は中国で長らく続いていた内紛に和解のためという名目で介入し、裏の目的である兵器型PS5の実験を開始した。

結果は…成功である。しかも大成功。

敵が警戒どころか完全に油断している、偵察すら行き届かない遠距離からの超長距離爆撃。

たかだか反政府組織が根城にしている廃ビルなど、戦車を破壊する兵器の前にはなす術もなかった。

この驚異的な性能を目にした他国は、中国に一歩遅れを取りながらもPS5の開発を進めていく事になる。

それは日本も同じ事だ。自衛の為という文句で国民の反対を押し切り開発を強行した政府。

しかし、政府には勝算があった。

このPS5開発争いに後追いでも圧勝できる勝算。

日本にはPS5の開発元、SONYがある。

現代技術における最高水準のサイズ・威力・取り回しを可能とするという国の一大プロジェクトを担ったSONYは、政府の想像以上の傑作を作り上げて見せた。

まず政府の極秘研究開発施設からSONYが作り上げた人工衛星を打ち上げる。

そしてその人工衛星が宇宙に到達すれば準備完了だ。

端末に位置情報を入力すると、その位置へ衛星が移動し、世界で最も強力な爆弾と化したかつてゲーム機だった大量破壊兵器を地表に発射する。

その大きさはわずか直径5mm。

とんでもないスピードで発射されたPS5は着弾すると同時におよそ直径1000kmに渡り巨大なきのこ雲が広がる。

その土地の地盤がめちゃくちゃになり、とてつもない震度の地震津波がその目標を襲う。

地球全体の環境の変化は避けられない為、これを使用するのはあくまでも最終手段としてPS5を一発だけ装填された状態で衛星は空へと打ち上げられた。

 

しかし完全に極秘の状態で開発されたこの日本のPS5の力を他国が知る筈も無く、開発を順調に進めていた中国が、自国に敵対している国に向けて爆撃を開始した。

アメリカの同盟国をも巻き込む事態となり、PS5を起点とし第三次世界大戦が開幕する直前。

日本の外務大臣と総理はバイデン大統領にとある相談を持ちかける。

「このままだと戦争は避けられないでしょう。そこで、我々の切り札をアメリカに譲渡しようと思うのです。PS5を開発した本社であるSONYが、技術の限界まで調整し完成しました。人間が作った事のあるどの兵器よりも強力なPS5。これで中国の中心を目掛けてズドン。未然に戦争を防ぎ、アメリカは世界から賞賛されるでしょう。」

この日本の頼みを聞き入れた、正確には聞き入れざるを得なかったアメリカは、そのPS5を受け取った。

この頼みを断れば、今度は日本が中国側にこのPS5を渡してしまう可能性を考慮した為だ。

一つさえ持っていれば日本が裏切ったとしても抑止力にだけはなる。

 

しかし、その強大な力を持つにはあまりにも…日本という国の器は小さ過ぎた。

今にも溢れてしまいそうなコップに入った水を上から板で押さえつけて何とか保っている状況なのだ。

その事を見透かしたアメリカ政府は、ある作戦を決定した。

 

権利譲渡の翌日、日本政府に報告も無しにSONY製PS5が発射されたとの報告があった。

着弾地点は…中国と日本を挟む、日本海のど真ん中。

アメリカは報復を恐れ、日本もまとめて中国と共にPS5で葬ってしまうつもりなのだ。

そしてその隣には北朝鮮や韓国、もっと左に行けばインド等のアジア諸外国が集まっている。

つまりアメリカは、全てのアジア人と引き換えに世界の平和を守る事を選んだのだ。

そして発射されたSONY製のPS5に対抗手段が絶対に無いという事は、日本が一番よく分かっていた。

あと10秒で着弾する、との報告が入った。

そこから先は…

 

 

 

こうして、第三次世界大戦は開戦から1分も立たないうちに中国という巨大国家の消滅を経て幕を閉じた。

 

インドやその付近にある国も、度重なる地震津波により壊滅的被害に遭いほぼ全滅、その後の環境変動に適応できなくなったアジア人は…

完全にその種が消えるまでそう長くかからなかった。

 

これがアジア人完全消滅の真相である。

そして、二度と第三次世界大戦のような悲劇を起こさない為に世界連合が設立され、解決に向け一歩ずつ歩みを進めて行くことになる。